議員を変え、議会を変え、神戸の未来を変える!

なぜ議会改革が必要か?

  • HOME »
  • なぜ議会改革が必要か?

なぜ議会改革が必要か

議会って何が重要なの?

 

議会とはなんだろう?

私たちの生活に関わる公共サービスの約3分の2は、都道府県、市区町村という地方自治体から提供されている。その地方自治体において意思決定を行う一番重要な機関が地方議会です。

 

二元代表制ってどういうこと?

二元代表制の図

地方自治体では、首長(市長)と議会議員をともに住民が直接選挙で選ぶ、という制度をとっています。 これを二元代表制と言います。二元代表制において首長(市長行政側)はあくまでも執行機関であり案件の是非を決定する一番重要な決定機関は議会なのです。

 

二元代表制が機能不全な神戸市議会

現在の神戸市議会は、予算、条例などもほとんどが無修正で議決されており、議会は首長の提案を追認する機関といった様相を呈しています。  これは首長を多くの会派(政党)で支持する言うなれば「議会のオール与党化」「首長の翼賛議会化」が進んでいることが原因で、まともな議論や行政に対しての監視やチエックが機能不全に陥っています

 

議員が変われば議会が変わる

皆さんはお住いの区の議員がどんな活動をされているかご存知でしょうか?「時々駅前でおはようございますと挨拶をしている」「地域のお祭りや運動会には必ず顔を出す」これは本来の議員活動ではなく、次の選挙に向けた票集めの活動です。議員の本当の現場は議会です。 先にも述べましたが、神戸市議の報酬は我々に比べ非常に高額です、このようない報酬は、志も持たずに議員の地位にしがみつく議員の家業化を生み出すだけです。

 

ぎかい改革神戸の改革案

  • 議員報酬大幅カット、現在の年間報酬約1600万円を→5割カット800万円を目指します

  • 政務活動費の支給上限を10万円とし、後払いに変更

  • 議員定数、現在69名を→35名へ、約5割削減

  • 市民も気軽に参加できる「土日・夜間議会」の開催

    最終的には議員報酬はボランティアベースの日当制とし、土日・夜間議会の開催によりサラリーマン議員や主婦議員等、多様な層が兼業で参加できる議会実現が最終目標です。

不在の場合は留守番電話に録音下さい TEL 078-733-0070 10:00~17:00(月曜火曜除く)

PAGETOP
Copyright © ぎかい改革神戸 須磨支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.