議員を変え、議会を変え、神戸の未来を変える!

神戸市会議員の報酬をご存知でしょうか?

  • HOME »
  • 神戸市会議員の報酬をご存知でしょうか?

神戸市議高額報酬※↑これは神戸市で一番報酬の少ない役職のない一年生議員の報酬で、費用弁償、政務活動費等は含まれていません。

 

更に驚く話実は、全国813自治体市議会議員の議員報酬平均額は月額42万円、その中でも政令市における議 員報酬の平均は79万円なのです。(※平成28年12月31日のデータ)

これに対して神戸市議会議員の報酬は月額93万円。この報酬額を高いと思うか低いと思うかは別として、実はこの報酬でも不足ということで、神戸市議会では4年連続で議員期末手当をアップする条例改正を行っているのです

民間であれば業績の悪い会社は賞与カットもあり得ることを考えると、神戸市の現在の財政状況で期末手当アップなど全くありえない話です。 ちなみに4年連続でで議員給与アップに賛成した須磨区選出議員は、安達和彦議員、松本しゅうじ議員、むらの誠一議員、向井道尋議員、大井としひろ議員の5名でした。議員報酬、皆さんはどう考えますか?

 

そもそも議員報酬とは?
議員報酬とは?議員報酬は給与ではなく、元々地方議員という非常勤の特別職公務員に与える日当。各地域とも月払い制を条例化したことや、いつの間にかボーナスまでも出るようになり、議員自体「これは給料だ」と錯覚するようになったと思われる。

❏ これから解釈すると、議員報酬とは、活動日数×日当=総支給額という計算になるはず。 ちなみに、諸外国の例を見ても、殆どの国で地方議員は名誉職であり報酬を原則としているところも少ない。 日本も戦前の地方議員は無報酬だった。

地方議員は兼業・兼職を認められており、実際に兼業・兼職の議員も多数いる。

不在の場合は留守番電話に録音下さい TEL 078-733-0070 10:00~17:00(月曜火曜除く)

PAGETOP
Copyright © ぎかい改革神戸 須磨支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.