市会事務局を訪ねてきました。

実は、議員報酬の条例改正文を何度も読み返したのですが、一般人にはなかなか理解しづらい書き方で(というかわざと理解できないように書いてあるのか?私が阿呆なのか?…たぶん後者)、報酬額の算定方法がよく分からず、ならば直接市会事務局にレクチャーして貰おうと行って来たわけでございます。

結果、よく理解することができました。

神戸市議会ではこの4年間、毎年議員期末手当の報酬額をアップするための条例改正を行っています。

この4年間といえば、自民議員の度重なる政務活動費不正取得が発覚し、神戸市議会への信頼が揺らぎまくっていた4年です。

おまけに昨年は、元SPEEDの今井絵理子との不倫報道がもとで、運悪く(?)政務活動費の不正取得まで発覚してしまった元自民党市議:橋本健の問題がワイドショーで報じられ、神戸の恥を全国にさらしてしまった年であったにもかかわらず、その年末には議員報酬をちゃっかり11万円もアップしているわけです。

これだけ、不祥事を連続して引き起こしている自民党議員はこぞってこの報酬アップ条例改正に賛成しています。

私からすると、「お前ら何考えてるねん!」と怒鳴ってやりたい気分です。

不祥事続きの4年間、毎年アップした議員期末手当は4年で50万を超えます。

この50万を超える期末手当のアップにより、神戸市議会議員の最低期末手当は、485万4600円になり、月額93万円の議員報酬を加算すると、ついに報酬額は年間1600万円を超えました。
これにはもちろん456万円の政務活動費は含まれていません。

1600万円の議員報酬が妥当なのか?そうでないのか?…今一度考えるべきではないでしょうか。

しかし、議員が自分たちの給料を自分たちの裁量一つで簡単に上げることができるということがそもそもなんか変?な気がしますが…

参考までに期末手当等につきまして、28年度、29年度に関しましては記者発表の資料がありまして、以下のページで閲覧可能です。
以下のページには市長や副市長、一般職の期末手当の額についても公表されていますのでなかなか興味深いです。

28年度 夏季手当
http://www.city.kobe.lg.jp/…/pr…/2016/06/20160629110401.html